2018年1月17日水曜日

Earth Volumetric Studio での変更点

MVS から Earth Volumetric Studio に乗り換えて戸惑った点。備忘録です。

Datamap Editor がなくなりました。赤ポートをWクリックで設定できるようになりました。便利。

Datamap Editor function in Studio
https://answers.ctech.com/2182/datamap-editor-function-in-studio


Animatorがなくなりました。Homeタブの New video から作成できるようになっています。
Animation in Earth Volumetric Studio
http://www.screencast.com/t/LuuPW9AVGWu3

2018年1月15日月曜日

軽アイゼン

軽アイゼンを新調しました。

履いていた安物は、すぐにチェーンが切れたり、バックルがダメになったりするので、補修して使用するのも嫌気がさしていました。
で、部品の一部を山に持っていかれ、終了。

登山用品店に行って物色していましたが、悩みました。
バックルはやめようか、でも、紐だと準備に時間がかかるし。
後輩の履いているモンベルのチェーンスパイクにしようか、でも、ゴムきれそうだし(店員さんに「チェーン切れるくらいの使い方ならお勧めしない」と言われました)。
どれも一長一短。

結局決めたのはコチラ。
モンベル スノースパイク6 クイックフィット
https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1129613

今日、1日つけて作業していたのですが、良い感じ。滑らないし、バックルもしっかりしています。前ベルトの付け根が弱そうなので、もう少し様子を見る必要はありますが。

ただ、明らかにダメなのは私の体の方。年で足がついていきません。良いタイヤを履いても、エンジンがダメならどうしようもないですね。

H29 道路橋示方書 φ相関式

1月より新たに着手する橋梁設計については、H29道路橋示方書が適用されます。

今回の改定で、N値からφを推定する相関式が変更になりました。+21から+23になっただけですが、下限値から平均的な値に変更されたようです。個人的には、3軸と比べて妥当な値のように感じていましたが、これからは高く感じるようになるのでしょうか?

せっかく道路土工が改訂され、統一された式になりスッキリしていたのですが、手間が増えてしまいました。

2018年1月14日日曜日

3次元S波構造の可視化

正月休みの間に、極小アレイを BIDO + WaveEQ で S波構造まで算出していました。

結果が芳しくなかったため寝かしておいたのですが、今日は時間があったので、それを EVS で可視化しました。手順は以下の通り。

1. WaveEQ で書き出した TXT データを EXCEL +エディタで aidv ファイルにまとめる。2. krig_3d - save_evs_field で efb ファイル作成。
3. load_evs_field でefbファイル読み込み。

これだけです。1はマクロを組めそうですね。
結果は以下の通り。換算N値も TXT データに入っているため、切り替え表示できます。


複数の極小アレイ探査から3次元構造の可視化まで、ルーチンワークができました。

問題は、いかに良質なデータを得るか、ですね。微動計を設置した後は静置するだけですし、ノイズの少ない良さそうなデータだったのですが、分散曲線が綺麗に得られませんでした。まだ、原因をつかめていません。
試行案はありますので、次の機会に試してみましょう。

2018年1月13日土曜日

OGS#IPhreeqc

注文していた図書が来ました。

OpenGeoSys Tutorial: Computational Hydrology III: OGS#IPhreeqc Coupled Reactive Transport Modeling (SpringerBriefs in Earth System Sciences)

PHREEQC‎ 関連の図書としては久しぶりの発刊です。ここ数年のモデリング例や表流水との連成例でも掲載されているか?と期待して注文しました。が、残念ながら外れ。

簡単な2例でのチュートリアルをベースに、機能の説明と使用法が記載されています。
OGS#IPhreeqc の操作性に言及すれば、今までの Reactive Transport Modelling に対応したソフト(PHAST など)より、退化しています。ジオメトリ作成は GINA。確認しましたが8月の試行時点より Ver. は上がっていません。残りはエディタで手打ちです。
機能は同等、インターフェースは劣る、といった評価になるため、表流水との連成例などが出てこない限り使用しないでしょう。

このような RTM に関するソフトの利用は、日本では全く流行っていません。化学物質による汚染の拡散を数値解析で解く場合でも、国家プロジェクトを除けば、3次元移流分散レベルで止まっています。吸着計算の代わりに遅延係数などフィッティングパラメータを入れて「答えがあえば良いでしょう」状態から脱却していません。ま、簡単でビジネスとして成り立つ価格になりますし、化学計算にもフィッテイングパラメータは入るので、流行らないだけなのかもしれませんが。

さらにその先、熱-水-応力-化学の連成は、日本では程遠い世界のようです。

EVS 2017.6 でのサーフェス取り込み

Civil3D(+GEORAMA) 2018 から C Tech 社の EVS 2017.6 にサーフェスを持ってくる方法は、いくつかあります。

1. サーフェスを GeoTiff 書き出し。raster_to_geology で読み込み。
2-1.サーフェスを GEORAMA で csv書き出し。エディタでヘッダー2行、
  最終行に end をつけて gmf ファイルとして保存。
  krig_3d_geology で読み込み。
2-2.サーフェスを LandXML書き出し。EXCEL マクロで gmf ファイルに変換。  
  krig_3d_geology で読み込み。

1と2-1の違いは境界付近の形状です。1はDEMなのでギザギザ、2-1は なめらか。
Convex full で Boundary Offset を 0 にしても、境界がへこんでいる部分にサーフェスができてしまうのは、ご愛敬。

2018年1月6日土曜日

集水井戸の撮影

整理していた文献の中に、集水井戸撮影の事例紹介がありました。

川俣ほか「市販カメラによる集水井工内部の撮影事例」日本地すべり学会誌 vol.54 No.6

建設技術研究所さんですね。360度カメラは小さくて手軽だと思います。画像は歪んでいますが、現場作業と整理のバランスを考えると、この程度が良いですね。

国土防災さんも、市販カメラ+SfMで展開写真まで作成する事例を紹介されています。使用ソフトは PhotoScan。

齊藤ほか「市販カメラを用いた既設集水井工の 3D モデルとシームレス展開写真の作成手法の開発」http://www.jsece.or.jp/event/conf/abstruct/2017/pdf/756.pdf

こちらは現場での持ち運びを考えると億劫。ただ、現場に出向けないお客様からすれば、断然こちらを希望されるでしょう。

以前、ステップが腐って中に入ることのできない集水性に対し、UAV で内部を撮影したことがあります。地上で問題個所を把握できる、損傷箇所へカメラを向けられる、等の利点がありましたが、防水に工夫が必要、回転時は画像がぶれる、などの欠点がありました。そのため、SfM では良い仕上がりになりませんでした。
その点、上記の市販カメラだと損傷個所等を地上で把握できない欠点はあるものの、静止画を大量・迅速に取得でき、SfM経由で展開写真を作成できる利点があります。お互い、欠点を補える立場にあるでしょう。組み合わせ利用がBESTですね。

初回の点検のピークは過ぎました。が、維持管理時代は始まったばかり。今後はこのような工夫が積み重ねられて、撮影+展開写真作成が標準化していく流れになるでしょうね。こちらも、工夫を怠らないようにしましょう。